自民党総裁選候補者4者記者会見

実況中継で観ました。
岸田、河野、高市、野田の四氏。誰がなっても大差ないようです。
高市氏には負けてもらいたい。この人は多分戦争したがり屋ですから。

4人とも碌な政策を表明しません。
皇室問題でも、国民の声を聴いてとか、国会で議論してとか当然のことを言いうだけで、「自分はどう思うのか」言いません。

森友問題についても各候、補適当にお茶を濁しています。森とも事件の本質的問題は、公務員の公文書改ざんと隠ぺいです。
それをどう改革するのか全く言及がない。公務員法改正して厳罰で臨むしかないでしょう?官僚に遠慮しているようです。

コロナ対策でも当たり障りなく、肝心なことは言いません。
ワクチンは効果がありますが、本来1年前に、PCR検査を徹底して陽性者を完全隔離していれば良かったのです。
自宅待機とか、緊急事態宣言とかはほぼ無意味です。

更に国民の安心安全を確保するというなら、当然国内問題だけでなく対外問題もあります。
安全保障と外交をどうするのか。現状では過去50年のような米国頼りの安全保障は期待できないでしょう?
それに言及しないで安心安全などとはたわごとです。

こんな連中が総裁になり総理になるのかと思いうと日本尾将来は暗澹たるものでしょう。

眞子妃10月にも結婚か?ふざけるな!

眞子妃が国民なら誰と結婚しようと自由です。でも皇族ならそうはいきません。
結婚詐欺師の母親を擁護するような小室して結婚するなら、まずは皇籍離脱すべきでしょう。
そうすれば一国民ですからすくにすれが良い。

皇族のまま結婚すれば皇族は結婚詐欺師の親族ということになります、天皇や次期天皇が結婚詐欺師の親族ですよ!

日本は今や衆愚政治

国民もそうですが国会議員が酷い。
戦後長らく続いた、パックスアメリカーナの下で平和ボケしています。総裁選でそれがハッキリしました。

勿論コロナ問題は優先事項でしょうが、そもそもコロナ対策は簡単なのです。
検査を徹底して陽性者を隔離する。当然隔離施設は政府が用意すべきです。現行法で無理だというなら、過去2回の国会で法整備すればよかったのです。

総裁選候補者はそんなことも言わない。
更に本当の問題は安全保障と外交です。
日本は今米国の核の傘を外されています。なのに帝国主義的侵略行為を拡大する共産党独裁中国や、北朝鮮金帝国の核ミサイルの脅威に晒されています。
日本は憲法改正などではなく言行憲法の下で自衛措置を強化し、かつ遠交近攻政策を考えるべきです。
自衛隊は現下で存在できているのですから、陸自を解体し自衛隊を再編すればよろしい。国内戦を前提とする陸自はそもそも不要です。

更に格差是正が必要です。配分の是正には税制の見直ししかありません。富裕層の課税強化です。

こんなこともわからない政治家は衆愚政治に陥っているとしか言えません。総裁候補の誰が総理になっても日本の現状改革は無理でしょう。

日本の外交政策は無いも同然

現状では日本に外交政策は無いも同然です。
本来一国の外交とは、他国の状況を評価して、自国に有利な状況を構築することです。
勿論そのためには硬軟両方の姿勢が必要です。

さて日本は、明治時代は別にして、戦中戦後とまともな情報収集と外交をしていません。
特に戦後は、米国の核の傘と駐留米軍によって安全保障が確保されていたため70年もの間平和を享受できました。
軍事のみならず外交も米国頼み。外務省は何の仕事もしていません。大使館は廃止して、海外在留邦人保護とビザ発行機関として領事館で充分なのに、外務省は多額の費用を使って大使館を維持しています。全く不要です。

さて、Trump米国大統領は、米国は同盟国の防衛義務を負わないという姿勢を明らかにしました。
要すれば「自国は自国で守れ。駐留米軍の費用は当該国が負担しろ。核の傘も期待するな」と表明したのです。

本来日本政府はこれに応じて、核ミサイルを保有すべきでした。
何故なら、米国の核の傘から外れれば、日本周辺には中国があり、ロシアがあり、しかも北朝鮮というヤクザ国家が核ミサイルを開発し、それに対して世界は何の対応もできないからです。自衛するしかないのです。

なのに、日本政府は核ミサイル保有をしませんでした。
日本国内での反対意見を恐れたのでしょう。非核三原則もあり、被爆体験により核廃絶を望む人たちが多いからです。核ミサイルを開発するなどと言えば国内的に大問題になることでしょう。
でも政府はこっそりやれば良かったのです。既成事実は強い。北朝鮮がその最たるものですし、最近ではタリバンのアフガン制圧などがそうです。自衛隊の存在もそうです。憲法9条下でも自衛の為の戦力保持は可能と解釈しているからです。であれば核ミサイル保持も可能です。

それをしなかった歴代政権は、米国の核の傘の下での平和により、外交感覚が欠如し、かつ見識と度胸が無かったのでしょう。
一因は外務官僚の堕落にあります。
外務省は本来の任務を忘れ、特権的地位の享受に満足しているいわば国費泥棒達です。総務省などの高級官僚が全てそうですが。

自民党総裁選の行方は?

自民党総裁選の行方は?

自民党総裁はほぼ総理大臣になります。故に総裁選の行方は気になりますが、そもそも総裁選は自民党内での話です。国民が関与できないのが欠点です。これを改善するには大統領制しかないでしょうね。

さて、総裁選。石破氏が不出馬というのは残念です。たぶん推薦人があつまらないのでしょうが、どんな手段を使おうと出馬すべきでした、石破氏に次ぎはないからです。これがラストチャンスなのに戦うことを諦めるようでは、今後の支持は得えられないでしょう。

さて、高市氏が決起集会で70人を集めた。吃驚です。これでは自民党ももはやダメ。
高市氏は、「国を守る」とか言っていますが。そもそも「国の為」とか声高に輩は、実は自己利益とか所属集団利益を優先し国民利益などは考えないのです。戦前の陸軍がまさにそうでした。この人は過去の陸軍同様の狂信的極右だと思います。ヒトラーが似たもの同士と言うべきです。
その上、政策は近視眼的バラマキ財政です。
既に国の借金が一千兆円超えなのに、コロナで更に借金は膨らんでいます。国の財政支出00兆円程度の25%程度が国債という借金です。
国債発行は今期倍以上になるでしょう。
なのに高市政策では更にバラ撒き財政です。結局付けは国民が払うしかないのです。

高市氏政策では、インフレが始まることでしょう。インフレになれば国の借金も目減りするのです。結局それは国民が負担することになります。

自民党総裁選、立候補表明の3人とも一国のリーダーの器ではない。

今のところ、岸田、河野、高市各氏が立候補表明しています。
自民党総裁は現状ではほぼ総理大臣になります。

ところが7個の3人とも。伝えられる政権を見る限り、視野が狭いというか近視眼的です。

コロナ対策が来るの国民へのアピールとして仕方ありませんが。コロナ対策などは簡単です。PCR検査を徹底して陽性者を完全隔離すれば良い。そのために政府が隔離施設を造るべきなのです。法的に問題があるなら過去1年半で2回開催された国会で決めれば良かったのです。
安倍政権も管政権もそういう発想がなく、所詮は飲食業に営業自粛とか国民への外出自粛要請だけでした。そのために補助金を使いまくっています。そういう反省もなく、今後修正するという発言もありません。

もっと問題なのは、日本の安全保障です。
日本は戦後、安全保障を米国の核の傘と駐留米軍に頼ってきました。
ところがTrump政権以来米国がもはや世界の警察をやめるというのがハッキリしました。アフガニスタンからの米軍撤兵で明白です。
日本も自力での安全保障を考えるしかないのです。中国と北朝鮮の核ミサイルの脅威に晒されているのですから。

だからと言って憲法改正は不要です。現在自衛の為と称して自衛隊があるのですから、自衛隊を改組改変すれば済むことです。
敢えて憲法を改正する必要はありません。それでも改正するというならそれは戦争したがり屋ということになります。

更に、日本は国家運営システムを修正すべき時期です。
国会は半減し、議員と公務員の報酬も半減すべきです。そして公務員法を改正して、公務員には、公務の報告義務と文書公開義務などを課すべきです。違反者は実刑での厳罰を科すべきです。現状では甘すぎるから汚職や文書改ざんが横行し、しかも碌な刑罰を受けていません。
権限を与えられた議員や公務員には当然責任が伴い、違反者には厳罰を科すべきです。

こういう議論をしない総裁候補などは碌な連中ではありません。自民党自体がもはや腐敗しているのでしょう。
総選挙では間違っても自民党候補に投票すべきでは在りません。
野党もだらしないですが、自民公明両党で国会の過半数というのはほぼ独裁です。阻止しましょう。

自民党総裁選、候補者2人所信表明。ダメですね。

TV報道で、高市氏と岸田氏の所信を知りました。こんなレベルの人物が総裁=総理になるようでは日本の将来は危うい。
自民党が公明党と組めば国会で過半数を得ることができるというのが問題です。これを阻止するしかありません。
野党もダメですが、総選挙で自民党に投票するのは止めましょう。

高市早苗氏
 安倍総理の女好きで衆院議員になった一人だと思いますが、所信表明では、「国家の主権と名誉を守る」と言っています。
 第一に、「国を守る」とか言う輩は、大抵私益を優先しています。戦前の陸軍や226事件がそうでした。
 第2に、政策が近視眼的です。
  「森友での文書改ざんの再発防止」と言っていますが具体的に何も言いません。従来の政府や行政の称した「再発防止」は常に再発していま 
   す。現状では公務員の不正に対する罰が甘すぎるから再発するのです。
   本気で再発防止するなた、公務員法改正と倫理規定違反に対する厳罰化を主張すべきです。
 第3に、「国を守る」と言いながら国際関係とか外交問題、安全保障に対する言及がゼロ。 
 以上2点から高市氏は到底総理総裁の器ではありません。

岸田氏
 格差是正、中間層拡大は結構。しかし、具体策が無い。
 更に高市氏も同様ですが、国際関係とか外交問題、安全保障に対する言及がゼロ。
 管総理よりもましか、程度の人物のようです。
 

War on terrorism. What will the United States do?

The United States has insisted on fighting terrorism.
Now, however, the Taliban have regained power as a result of withdrawing from Afghanistan.
The US war on terror seems to have been limited to its own country.

After World War II, the United States was appointed as the police of the world and was considered by allies. This is Pax Americana. It has, after all, supported the economic prosperity of the United States itself.
However, since the Trump administration, the United States has begun to say that it will stop police in the world and seems to be doing it.
That would make the United States unreliable. The collapse of Pax Americana.

On the other hand, instead of the former Soviet Union, the Communist dictatorship China is now trying to conquer the world by increasing the number of nations with money and weapons assistance.
If the United States moves toward isolation, it will eventually lose its economic and political power.

Now, with the definition of terrorism, I define terrorism as "a vandalism that sacrifices citizens for political or religious purposes."
For military purposes it should be limited to military targets, but for civilians it is terrorism.
In that sense, the German London rocket attack during World War II and the urban carpet bombing of Britain and the United States against Germany and Japan were also terrorist attacks.

Now, the Taliban are those who are religious fanatics trying to build a politically united nation by terrorism. It should be explicitly defined as a terrorist group.
The Taliban should be destroyed in both the world and the United States. After all, it is impossible to reconcile or coexist with fanatics.

テロとの戦い。米国はどうするのか?

米来はテロと戦うと主張してきました。
ところが今、アフガニスタンから撤退し、結果タリバンが勢力を盛り返しました。
米国の、テロとの戦い、は自国内でのことに限定したようです。

第2次大戦後、米国は世界の警察と任じかつ同盟諸国からもそう思われてきました。パックスアメリカーナです。それは結局米国自身の経済的繁栄を支えてきたのです。
ところがTrump政権以来米国は世界の警察をやめると言い始めかつ実行しているようです。
それでは同盟諸国は米国を信頼できなくなります。パックスアメリカーナの崩壊です。

他方、かってのソ連に代わり、今や共産党独裁中国が金や武器援助などで支配国を増やし、世界制覇を企図しています。
米国は孤立主義に向かえば結局自国の経済的かつ政治的力を失うことになります。

さて、テロの定義ですが、テロとは、「政治的または宗教的目的で市民を犠牲にする破壊行為」だと私は定義します。
軍事的目的であれば軍事目標に限定すべきですが、市民を標的にすればそれはテロです。
そういう意味では、第2次大戦時のドイツのロンドンロケット攻撃や英米のドイツ日本に対する都市絨毯爆撃もテロでした。

さて、タリバンは宗教的狂信者集団がテロにより政教一致国家を建設しようとする連中です。明白にテロ集団と規定すべきです。
世界も米国もタリバンは壊滅すべきです。結局狂信者とには融和や共存は不可能だからです。

私的ファーストフードランキング

TVでフードコートでのファーストフードランキングやっていました。
1位リンガーハット、2位モスバーガー、3位KFC、4位丸亀製麺でした。
納得いく結果だと思います。

私は、若い頃にNYで目の前で鉄板焼きする街のハンバーグを食べて実に美味いと思いましたが、日本でマクドナルドのハンバーガーを食べて下痢してからは、バーガーは一切食べないので、モスバーガーについては判りません。

リンガーハットは、長崎市民でも、うまい店=リンガーハットと言うようです。勿論もっとうまい店もあるのでしょうがお高いでしょう。
コスパからリンガーハットはベストだと思います。
そもそもスーパーとかでチャンポンはマイナーですので、私は生協でリンガーハットの冷凍チャンポンがあれば即買います。

KFCは時々食べたくなって、オリジナル2ピース500円弱を買います。寒いときのホカホカKFCは実に旨い。

丸亀製麵は多分うどんも美味しいのだと思いますが、私はトッピングの天ぷら持ち帰り専門です。
天ぷら専門店の「てんや」で野菜盛り合わせが490円だと思いますが、丸亀で5個買うと一割引き、てんやよりも安いです。
しかも揚げたてで、パリパリですから、最近天ぷらはてんやではなく丸亀です。ただ天ぷら油には改良の余地あり。

高市早苗自民総裁選出馬演説。とんでもない発言!

サナエノミックスと称しk終えのていますが、国には今でも一千兆円超えの借金があります。コロナの対策でも更に赤字は増えるはず。
なのに更に借金を重ねるつもりのようです。要はバラマキ政策です。

日本の将来を考えるなら、政治体制、行政改革、安全保障政策など今こそ考えなければならないことが山積です。なのに言及なし。
これでは日本尾将来を任せるわけには行かないでしょう。
彼女は何の為に総裁になりたいのか不思議。

仮にこんな人物が自民党総裁になればそれは自民党がダメ政党だと言いうことです。

日本は国の運営体制を修正すべきです。

その理由は、国際環境の変化sそして、国内行政の停滞と格差の拡大です。
目的は、国家安全保障の確保そして民主制の強化、社会の多様性と流動性の確保です。

まず、現憲法は堅持し、日米安保条約も継続することが前提です。
その上で修正すべき点は以下のとおり。

①自衛力の適正配分と強化
 Trump政権以来米国は同盟国に対する安全保障を弱めています。もはや米国の核の傘は期待できません。ところが日本は中国の侵略行動と北朝  
 鮮の核ミサイルの脅威に晒されています。
 まずは、陸自を解体します。戦車や大砲は不要だし、そもそも日本国内での戦闘をするようでは困るのは国民だけです。
 解体した陸自の一部は海兵として海自に配属します。一部は空挺部隊として空自に胚即します。
 通信やミサイル探知などの機能は、海空陸の組織を統合して一元化し、海空自には出先舞台を排します。
 できれば核ミサイルも保持したいのですが、今のところ無理でしょう。
➁省庁の整理縮小
 まず外務省は不要です。碌な仕事をしていないのに大使公使が体面維持の無駄な金を使い過ぎています。
 現在では、必要なら閣僚が現地に飛んで直接話せば良いのです。
 故に、在外邦人保護と情報収集は領事館の任務として、総務省にでも担当させればよろしい。
 その他にもわけのわからない省庁が多すぎます。官僚組織の肥大です。全て見直して整理縮小すべきです。
③公務員法改正
 安倍、管政権以来、総務庁など高級官僚の不祥事が芸寄贈しています。
 公務員倫理規程などは甘すぎて役に立ちません。権限を持つ公務員の不正には厳罰を科すべきです。
 故に公務員法に、「公務員の公務における不正は懲戒免職の上刑事罰を科す」とすべきです。
 別紙で公務員倫理規程を付し、民間人との接触は全て庁舎内とし、それ以外は不可とすべきです。
 また、公務に関わることは全て書面で残しかつ保管の上原則公開とすべきです。
 更に公務員報酬は国民平均年収の1.5倍以内とすべきです。当然でしょう?勿論国会議員も公務員ですから対象です。
④刑法改正
 今の刑法は民主的すぎます。それは人道主義と冤罪を考慮してのことでしょう。
 まず、冤罪を防ぐために、全ての捜査を録画録音し、かつ陽性があれば公開すべきです。
 次に刑罰は犯罪者に寛容すぎます。本来「目には目、歯には歯」とすべきです。
 特段の状況でのやむをえざる違法行為については「情状酌量」すればよいことです。
 また現法で、心神損耗などは「無罪」とされますが、これは、まず「有罪」としたうえで情状酌量すれば良いことです。
 捜査での拷問は当然禁止されるべきですが、刑罰については、「目には目、歯には歯」を適用すべきです。当然残虐な犯罪に対しては残虐な
 刑罰を科すべきです。
 また、現状、死刑懲役禁錮とありますが、禁錮は廃止すべきです。衣食住を国が負担することになりますから。
 また収監中の衣食については、懲役報酬で購うこととし、不足分は収監者の資産没収で充当するとすべきでしょう。

とりあえずこんなところです。

 

 






日本のメディアは報道責任を果たしていない

いつもながら、日本メディアは報道責任を果たしません。
今回の自民党総裁選についても、自民党内での勢力関係で誰がどうなるとかばかりです。
自民党総裁になればほぼ総理大臣になります。
であれば、各総裁選候補の見識、政治的信念、日本をどうしたいのか、ということを報道すべきです。
その報道によって、総裁となった人物を国民が評価し、総選挙において自民党に投票するかどうかをきめるのでしょう?
なのに、そいういうことが報道されずに、勢力関係ばかりの報道。
これでメディアが国民の為になっているといえるのか?

管の後は誰?

自民党総裁は、だらしない野党ばかりなので、連立にしてもほぼ総理大臣になります。

では、管さんの後はだれか?管総理派総理としての実績皆無。コロナ対策も後手後手、外交も安全保障も無能無策でした。
コロナ対策は簡単です。PCR検査を希望者から始めて全国民に徹底し、かつ完全隔離(隔離施設は政府が設置)すれば良いのです。
そうすれば飲食制限などしなくて済むし補助金も不要です。なのに管総理は外出自粛要請と緊急宣言と称する飲食店制限などしかしていません。
検査と完全隔離の有効性は第一次大戦時の米国での帰国兵士スペイン風邪対策で証明されています。
管の功績は最後に2階幹事長を辞めさせたことだけ。二階氏に政治家まで辞めさせたらもっと良かった。

ところで日本も世界もコロナ一色ですが、コロナ発生源の共産党独裁中国はこの機に勢力拡大を狙っています。日本の安全保障は長らく米国の核の傘の下に平和を享受してきましたが、Trump政権以降は、日米安保条約を堅持するにしても米国による全面的安全保証は期待できません。

ですから安全保障も考慮する人物としては石破氏しかないかと思います。
ただかれは党内外で人気が無い。何より目つきが悪い。私はこのHPで石破氏にプチ整形を勧めました。応じてくれませんでしたが。
でも今の自民党ではかれが最善でしょう。やらせてみましょう。

ちなみに河野はスキャンダルが多そうですし、変なパーフォーマンスばかりで実績がないので、党内では若手の支持があろうとダメです。
国民に人気のある小泉進次郎は、若いし実績がない。更に2世が総理では総理世襲化になりますので、ダメです。
岸田氏は管総理同様何を言っているのか、政治信念は何か不明ですのでこれもダメ
その他女性は論外(実績も無いし、政治信念もないし、何より顔が悪い。野田聖子などは知名度だけ)
その他大勢は論外でしょう。
そもそも今の政治家は自民党以下皆政治理念とか信念とか、それに基づく政策や外交、安全保障がない。

横尾忠則展

TV朝日を良く観ますが、横尾忠則展についてのCMが多いので一言。
展示会を観ずにTVでの紹介絵画だけでのコメントです。

横尾忠則は70年代、そのイラストは斬新でクリアカット、鬼才です。
その後画家に転身しましたが、その絵はイラストほどパンチがない。悪くはないが良くも無い。

彼に似た人にミューシャがいます。ポスターでパリで評判をとりました。実に素敵なポスターばかりです。
ところがその後画家に転身しました。でもポスターほどの良さが無い。それでも横尾忠則の絵に比べれば数段ましです。
横尾忠則にはイラスト感覚が抜けていないからだと思います。

ちなみに、私はプロは金をもらってこそのプロ、だと思います。
音楽家は宮廷で雇われたりストリートで金を稼いだり、要は演奏=稼ぎです。それで有名演奏家を輩出しています。
ところが絵画は別のようです。勿論ベラスケスとかティティアーノなど宮廷画家はいましたが、他方、金を稼いだり有名になることを無視して画業に専念する画家もいましたし、そういう画家が良い作品を残した例も多いのです。
日本では佐伯雄三とか、馬の絵を描いた神田日勝とか。
このような画家は、プロというよりも趣味というかライフワークなのでしょうね。
横i尾忠則の絵は、趣味の延長のようです。悪くはないのですが、イメージだけで命を持っていない感じです。

管総理続投断念。当然です。

本日管総理が総裁選に出馬しないと表明しました。
当然と家が当然です。
管総理の1年間は何の実績もありません。それどころか官房長時代に総務省を子飼い化し、総務省を初め公務員の倫理意識を破壊しました。
この一年間の公務員の不祥事がそれを示しています。彼らは管氏の背中をみてきたからです。

コロナ対策でも後手後手、しかも有効な対策は何一つ実施せず。
その上、コロナにかまけて日本の安全保障やそのための外交についても無策無能。辞めて当然です。
彼の唯一の功績は、もはや老害となりしかも呆けている二階氏を切ったことだけですが、果たして二階氏は素直に引退するかどうか。
二階氏が素直に引退しなければ管総理の功績はゼロです。

池袋暴走 飯塚幸三に禁固5年判決。懲役にすべし。

ほぼ妥当な判決ですが、何故懲役ではないのか?

今回、懲役と禁固についてを考えさせられました。
私は、禁錮刑は不要で懲役刑のみにすべきだと思います。何故なら禁固であれば衣食住を国が保証することになるからです。
受刑者は、受刑の期間中、自分の食と衣は当然自分で負担すべきです。

つまり、受刑者には懲役により仕事をさせ、その報酬で食と衣を購わせ、足りない分はその資産から没収すべきです。
それでも足りなければ受刑者の刑終了後に払わせるべきでしょう。住は国が面倒見るにしても衣食は自己負担とするのが当然。
また受刑期間中の医療についても同様自己負担とすべきです。
なお、刑期終了後の受刑者については、希望者には国が職をあっせんするべきです。

納税する国民として、この点での刑法改正を望みます。

一神教は人類にとって害悪です。

一神教は個人にとっては救になるかもしれませんが、人類にとっては害悪です。
何故なら、人類の平和と進歩は、多様性と社会層の流動性によって確保されることが歴史的に証明されています。
しかし独裁や王国は、一時的には栄えても結局は進歩も無く崩壊します。
宗教が世俗の世界をも支配する、つまり政教一致の国家は独裁国家です。
宗教が世俗を支配することを目指せば、それは独裁国家であり、多様性も流動性も失われます。特に一神教ではそれが顕著です。

かって、十字軍時代の狂信的キリスト教徒がそうでした。ヨーロッパの中世ではその上、魔女裁判や異端裁判が行われ、異教や異端は殺されたのです。聖人とされるSt.三ベルナールなどはあからさまに「異教徒は殺せ」と言っていたそうです。それが聖人とされるのです。
狂信的キリスト教徒は他国を侵略し、他国の宗教や文化を破壊しました。インカもそうして壊滅したのです。

現在では、キリスト教は穏やかになっていますが、替わって狂信的になったのがイスラムです。十字軍時代には穏やかで異教さえも認めたイスラムが、現在では狂信的になり、世界中で、聖戦と称してテロを実行しています。

そもそも神は存在しないし、故に天国門地獄も無いのに。あるといいうなら証拠を示すべきですが、証拠は示されません。
モーセでさえもシナイ山で神に十戒を授かったと称していますが、彼自身も神の姿は観ていないし、誰もbその場を観ていないのです。
つぃまりモーセが勝手に言っているだけのことです。
イスラムではマホメッドは、イエスも自分も預言者だ言っているようですが、神が「お前を預言者とする」と言ったわけではないし誰もそれを聞いていません。故にマホメッドが預言者というのもかってな自称びすぎません。
以上に反論があるなら、どうぞ神に希って直接に神に宣言してもらってください。

ちなみに仏陀は「諸行無常、諸法無我」と言いました。「全ての事象は変化する、故にあらゆる存在に実体はない。」ということです。
これによれば神とか霊とか魂などは存在しないのです。
カソリックの三位一体などはたわごとです。ましてイエスの十字架像とか聖母マリアとか聖人とかは聖書が禁じる偶像崇拝でしょう?

現在では認知症というものが確認されています。認知症の人は人格が破壊されます。つまり魂などは無いのです。魂があるなら人格破壊などは起こらないはずですから。

なのにキリスト教やイスラム教を信じる人が多いのが不思議。
十戒でm、お、仏陀の八正道でも基本的戒律は同じです。「殺すな、犯すな、盗むな、嘘をつくな」これだけですが。これが難しい。
これを守れない人たちが一神教に救いを求めることになるのでしょう。