中国の覇権主義的挑発に断固たる対応をすべきです。

共産党独裁中国は南シナ海では不法にも岩礁に滑走路まで作りごり押しを通しました。
何故南シナ海周辺諸国と世界はこれを見過ごしたのか?

今中国は南シナ海に加え、日本領である尖閣諸島を武力で自国のものにしようとしています。
日本は当然、国民と領土を守るために自衛的武力行使もやむなしとすべきです。
でなければ自衛の為に存在を許されている自衛隊の存在意義はありません。

第2次大戦前夜bのナチスドイツの台頭と横暴に対して、欧米諸国が融和策で対応した結果第2次大戦になりました。
対中国で世界は同じ過ちを犯しつつあります。何故なら中国が経済強国になり、民主主義各国は経済的に中国依存が多いからです。
しかし、中国も経済や食料を海外からの輸入に頼っています。

故に、民主主義各国は、対中国の貿易量を30%以下にすべきです。勿論中国だけではなく。一国の他国依存物資比率は30%以下にしないと国家安全保障上問題が発生します。コロナ初期にマスク問題がありました。日本はマスクの供給量の90%を中国に依存していたからです。
ところがコロナ禍で、中国は日本企業が発注済みのマスクさえ輸出禁止としたのです。
更に中国は企業に対して政府に対する情報提供を法的に義務付けています。
故に、情報産業の中国への委託など全ての対中国情報関係取引は全て禁止すべきです。

所詮裏方業の管総理にはそんな決断はできないでしょうね。
コロナ対策でもすべき決断できないのですから。この大変な時期に管が総理というのは日本の不幸です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント